ユニバーサルデザイン・バリアフリーリフォームについて、リフォームササキのお客様からよくあるご質問を掲載しています。
トップページ > リフォームよくあるご質問 > ユニバーサルデザイン・バリアフリーリフォーム

リフォームよくあるご質問

ユニバーサルデザイン・バリアフリーリフォーム

バリアフリーなキッチンにするには?

床は濡れても滑りにくく、汚れにくい仕上げが良いですね。

負担が無い様、クッション性のあるものもよいでしょう。

カウンターも足腰に負担がかからない高さのものを選び、安全に配慮し、 立ち消えや消し忘れに対する安全装置がついている調理器具や、 天板より一段低くなったコンロ、炎が出ない電磁調理器なら、尚安心です。

水栓はレバーが操作しやすく、湯温調節が容易なタイプのものがいいでしょう。

また、車イスやスツールに座ったままで台所仕事ができるニースペースタイプのキッチンや、 キッチン本体に大型握りバー(サポートバー)を設置し体をもたせかけたり、 手すりとして便利に使えるタイプもあり、足元に床暖房、または足元温風機などを取付けるのもおすすめです。

バリアフリーな浴室にするには?

介護が必要になった時のことを考え、介護可能なスペース(1坪以上) を確保しておくことが望ましいでしょう。

また、浴室の出入り、 洗い場での立ち座り時等の為に手すりを取付けることをおすすめします。

また、内部はまたぎやすい高さの浴槽で、滑り止めのあるものにし、足先が届く大きさにします。

床も滑りにくい仕上げ材を選び、入口は段差が無く有効幅600mm以上の引き戸か折れ戸にし、外から解錠できるようにします。

お風呂は最も事故が起こりやすい場所ですから、通報設備を設置する等、安全性の高い商品を選んだほうがよいでしょう。

バリアフリーなトイレにするには?

まず、和式トイレの場合は洋式トイレへの改修をおすすめします。

壁には立ち座りを補助する手すりを取付し、入口は引き戸で、 敷居の高さもつまづかないように段差を無くします。

入ると明りと換気扇が自動で付き、 自動的に消えるような機能もオススメです。

便座は自動的にフタが開き、立ちあがると自動洗浄する機能があるものなど、 便利な商品を選択しましょう。

他にも便座が昇降するタイプのものもあります。また、トイレの床が廊下より下がっている場合はかさ上げして段差を無くします。

家族に配慮して安全性を高めるポイントは?

以下のようなポイントがあります。

  • トイレの扉は引き戸か外開きにする。
  • ドアのノブは扱いやすいレバー式ハンドルにする。
  • 階段は、可能なら広く緩やかで踊り場付きの曲り階段がよい。
  • わずかな段差がつまずきやすい。段差を無くして平らに。
  • 浴槽の形は和洋折衷型のもので、半埋め込み式がよい。
  • 階段の照明は、踏み面を集中的に照らす足元灯を併用する。
  • 玄関や廊下、浴室、トイレ、階段に手すりをつける。
  • 車イスで廊下や出入り口を通るには、1m以上の幅が必要。
  • 床材選びは慎重に。滑りにくい材料がよい。

手すりを取付けるには壁の補強が必要ですか?

手すりにかかる荷重は、その人の体重の約3倍と言われ、壁を補強しないと手すりは取付けられません。

また、手すりは、伝い歩きをするところでは横型。立ち上がる動作を支える所では縦型、 L型は横の部分をつかんで体を安定させ、立ち上がる時は縦の部分で体を支える、と言った特徴に応じ、 場所に応じた取り付けが必要です。

また、下地不要のベース材とセットになった手すりも最近はでています。


現地調査ご依頼フォームはこちらから ご来店予約フォームはこちらから ネット無料相談フォームはこちらから
株式会社 ササキハウジングカンパニー リフォームササキ 《営業時間 AM9:00〜PM6:00》
一般建築業許可(般-28)第300299号 コープあおもり指定リフォーム店
全店共通フリーダイヤル:0120-88-4420    / E-mail:info@reformsasaki.com
当サイト「青森県八戸市のリフォーム専門店 リフォームササキ」は、リンクフリーです。 リンクを貼っていただける方は、こちらをご参考ください。